2017年

9月

10日

ブログ変更

 

最近はこちらのアメーバブログで書いています。

 

むろいピアノ教室です♪ クリックするとブログに飛びます。

 

こちらもよかったら読んでくださいね(^O^)

 

 

 

2017年

4月

16日

400マスたくさーん (^^♪

 

 

400マス練習表を作ってくださるSちゃんのお母様がおられます。

今までにもたくさんいただきました。

以前にも「すみっこぐらし」を1つくださったのですが、

今回はなんと3種類の「すみっこぐらし」

 

生徒さんが大好きなすみっこぐらしがたくさんになりました。

 

こういう新しいキャラクターはとても嬉しいです(^O^)

 

我が家の娘はもう高校生で、小学生のころには「わしも」はなく、「わしも」というキャラクターも

このお母様のおかげで知りました。


生徒の皆さんが新しく400マスが増えているのを見つける時のワクワク感、

いいですね。

 

本当に感謝プラス感激です。

おかげ様でマンネリすることなく、生徒のみなさんは練習に励めます。

ありがとうございます(*^▽^*)

私も生徒さんと一緒で、楽しみにしています。

 

 

2017年

4月

13日

長~いパン

 

ようやく家にも低反発の長いパンがやってきました。

ちょうど2オクターブ分ありますよ。

欲しかったフランスパンはどうしても手に入らず断念。

このねじねじのひねりパンをよろしくね。

 

ピアノのタッチを覚えましょう。

思ったよりぎゅっぎゅって力を入れすぎないでね。

でも深~く深くね。


 

ピアノは弾くスピードでいろいろな音が出るんだよ。

みんなもいろいろな音色が出せるようになったらいいな(^O^)

 

 

2017年

3月

22日

音名フラッシュカード

 

さて合同ソルフェージュレッスンが近づいてきました。

最後にする「フラッシュカード」

これはとても大事なもの。

即時に何の音か答えれたら、譜読みが楽になるはず。

 

レッスンではごくたま~に

ほらほら、先生はこんなに速くできるんだよ~)^o^(

と私がやってみせ、勝ち誇った態度を見せて(笑)

生徒さんの心に火をつけています(^◇^)

 

1~2分でできるので毎回レッスンで行えばいいのですが

時間が足りず、お家でやってね、ということも多々です。

 

やはり合同ソルフェージュレッスンなどの行事があるといいですね。

 

必要に迫られてでも、何にしろ練習しますから。

学校のテスト前のがんばりと一緒ですね。

 

今回の合同ソルフェージュレッスンは調判定の勉強をする生徒さんが何人もいて、

フラッシュカードの練習までレッスンで行えなかったりするのですが、

みんなお家で頑張っていることと思います。

 

4月は引き続きフラッシュカード強化月間にしよう、

みんなにフラッシュカードを、と思っている先生です。

 

 

2017年

3月

04日

お手玉体操

 

合同ソルフェージュレッスンでは音楽に合わせてお手玉をします。

あの大きい250gのお手玉です。

 

私はソルフェージュ担当なので、

あと2人の担当の先生達と振りつけを話し合いました。

 

さて今回はお手玉、玉ひも、カップを使います。

どのグッズも目的、効果が違うのですよ\(^o^)/

曲はみんなの知っている「トトロ」のアレンジです。

 

初めはお手玉で。グッパー、横投げ、下投げ、ピザなど、お手玉ならではの動き。

脱力を心がけるよ。

玉ひもは指先しっかりね。

カップを持つと手のひらが広がる感じがするよね。指のお山もしっかり出るし。

カップでは言葉も曲に合わせて言おう。

盛り上がってどんどん決まっていきました。

 

そしてこの体操の楽譜をN先生が、当日のお手本はS先生が、

私は楽譜にみんながわかりやすいように動きを書くことになりました。

あまり絵心ないんだけど(^^;)

だれかかわいらしく書ける人いたら教えてね。ちょっと練習したいわ(*^-^*)

 

先生の絵はこんな感じ。

人はバーナムに出てくる顔なし骨人間ですよ。

これが精いっぱい。

恥ずかしいけれど、参加する生徒さんには配るのでよろしくね(#^.^#)

 

 


2017年

2月

16日

モーツァルトのチロルチョコ

私たちピアノ業界で評判になっているモーツァルトのチロルチョコ。

今日、コンビニに行ったら売っていました(^O^)

売り切れてるかなと思っていたけれどありました!

 


なぜモーツァルト?

でもとにかく嬉しいわ~♪と、いくつか買ってきました。

味はちょっと大人味みたいなので大人の生徒さんにお知らせしたいですね。

 

 

2017年

2月

07日

ミとソの洗濯物を干そう ♪

 

「ミ」はト音記号の一番下の線、「ソ」は下から2番目の線にあります。

ミとソだけを取り出して、場所の確認。

 

洗濯物のページから切り取って、貼ってくるのが宿題。

 

物干し台を物干し台には見えない太くて短い円柱のもので作りました(笑)

 

レッスンでわかって帰って、お家で復習。

 

○のある場所で音がわかるんだな!ということをわかってくれたらいいな(*^-^*)

もう少し後で、線読みをするときのよいきっかけになります。

きっと線読み楽々だよ(^O^)

 

 

 

2017年

2月

02日

移調

 

皆さんががんばって写した曲を移調して弾く、

というのをレッスンで行っています。

楽譜通りの曲が仕上がったら、

えいっと、この12面体のサイコロを振って

出た調でその曲を弾くのです。

発表会後、毎週やっているのですが、

不思議なことに難しそうな調が出る人はいつも難しそうな調が出たり(*_*)

 


振って出たサイコロの調を見ては一喜一憂。

 

難しい調が出たら先生が喜び、簡単な調が出たら生徒が喜び、

という楽しい一コマ。

 

短調が写譜宿題だった人は難しいけれど長調が宿題だった人は

どの調でも弾いてみたら意外と簡単だね。

 

ひとつの楽譜からいろいろな世界が広がるのです\(^o^)/

 

 

2017年

1月

13日

自主勉強

 

小学生の生徒さんに出している自主勉強。

毎回やってくる人と「面倒くさい」と言う人といますが、

 

ずっとこれを続けているとどうなるかは言わなくてもわかるよね。

学校の勉強と同じであ~る\(^o^)/

 

○書いて階名書いていたものがだんだん進化して、

いろいろなアイデアが出てきた。

 

こういうとき、子どもってすごい!って思う。

 

やらされているんじゃなくて楽しんでる。

 

いいな~こういうの(*^-^*)

 

さて、焦った人。今からでも遅くないよ。

気づいたときが始め時。今からがんばろう。

 

で、「みんなの広場」に載せましたよ。

写真撮る前に忘れて、はなまるつけてしまったら載せてないんだけれど、

自分のあるかな?見てね。

 

 

2016年

11月

29日

羊と鋼の森

もうずいぶん日にちが経ちましたが、本屋大賞を取った「羊と鋼の森」です。

 

ピアノ調律師の話で、ピアノを教えている私は読むのを楽しみにしていました。

とても細かく調律師の心が描かれてあって、本屋大賞になるだけはあるなあと思いました。

 

本屋大賞を取った本は興味のない分野でもおもしろいですよね。

世界が広がるというか。

 


たぶん、このブログを読んでくださっている方のほとんどは、音楽に興味のある方だと思うのですが、本屋大賞を取った本は毎年読んでも楽しいなと思う私です。

 

で、ですね、この宮下奈都さんと言う名前を聞いたときにね、(あ、あの人だ!)と思ったんですね。

2冊ほどティーンの歌のお話を書いておられて、1冊は家にありました。もう1冊は見当たらないので図書館で借りたのでしょうね(;・∀・)

 

「鋼の森」は友人から借りて読んだのですが、こちらの「よろこびの歌」は持っているので、読みたい方あったら言ってくださいね。貸し出しますよ\(^o^)/


2016年

11月

14日

ピアノを弾く姿勢

先日の木村勉強会で、ピアノを弾く姿勢の話になりました。足裏、丹田、背中、

おでこを意識します。

 

丹田(たんでん)…

みぞおちのほうかと思っていたのですが、調べてみると3つあり、一般には下丹田を指すようですね。

 

渋い(笑)画像あったので載せておきます(^'^)

 


足の裏を床に全部つける。

大人は意識すれば届きますね。

 

でも身長の低い子どもは届かない場合がほとんどだと思います。

そのため補助ペダル(足台)というものが存在します。

 

レッスンでは補助ペダルを用います。

 

ご家庭では、段ボールや牛乳パックなどで作った

お手製の足台があったらいいなと思います。

お子さんの身長に合わせて作ってもらうといいですね。

 

足裏を意識できたら、次は丹田、背中ですね。

そうして、おでこも意識して、素敵な音を出しましょう。

今までより、きれいな音がでますよ\(^o^)/

 

2015年

8月

18日

調号カード

パーティCに入ったら、楽譜がでてきます。

CポジションとGポジションは全部白鍵です。


ところが、楽譜を見るとト音記号やヘ音記号の横に♯がついている。Gメージャーの特徴はこれですよ。Cメージャーは何もついてないよ∑(*゚ェ゚*)


次は、シャープ1つのとフラット1つの調を覚えてしまおうね!



ということで、この3つをしつこく(笑)覚えてもらうことにしました。


日本音名も数えなくてもポン!と出てきますようにヽ(゚∀゚)ノ


シャープとフラットと1つずつつくものを覚えたら、

後で少し簡単になるかもよ(o゚∀゚o)



2015年

7月

15日

ステップ、スキップ


こちら、同業仲良し友人が作ったカードです(^O^)

数か月前にもらいました。

(ありがとう!感謝です!)


大きさも見た感じも使い勝手がよさそう

で、(せっかくだからパウチしよう!)

と思って、しまっていました。



でも時間に追われてパウチが延び延びに…

こんなことでは宝の持ち腐れ。


使わないでおくよりは使って、

ボロボロになったときにまた考えようと考えを改め、

はさみを入れました。


ひらがなで書いてあるし、

文字も大きいので就学前の生徒さんたちにも使えます。


ささっと答えれるかな(`・ω・´)ゞ~がんばれ~(o'∀'o)ノ



2015年

7月

14日

数字の歌


「数字の1はなあに 工場のえんとつ」という歌があります。

私が子供のときからあった歌なので、すっごく古い(笑)

今の子供は知らないかもしれませんね。


今、レッスンに来始めた年少さんはまだ数字が読めないことが判明しました。

同じものを見つけることはできます。




でも「1」を見て「いち」という感覚がまだないので、

少しでも数字を早く覚えれるように絵を書きました。


絵と結びつけて言葉を覚えるのは幼児にとって普通のことであるように感じるので、

数字も絵と結び付けて、覚えてくれたらいいな、と思います。



2015年

6月

06日

合同ソルフェージュレッスンを終えて

先週の合同ソルフェージュレッスンから今日まで、

参加した生徒さん、保護者の方に感想を聞く1週間でした。

 

「わかりやすく説明してもらえて、よくわかりました。行ってよかったです。」

と言われて、とても嬉しかったです。

 

私も説明している(つもりか?(^^;)いえ、しているのです(笑))のですが、

他の先生のお話からピピっとつながったことがあったのですね。

 

やはり、いろいろな先生の観点から見てもらうって大事だなと思いました。









2015年

5月

25日

カップが楽しい



来週行う合同ソルフェージュレッスン。

毎回、お手玉を使っての体操をしています。


今回のお手玉体操の曲は「ハイホー」。

カップと玉ひもも使います。


そうそう(o'ー'o)カップは手の形をよくするのに使います。

玉ひもはレッスンでも使っているので皆持っていますが、

他にも代用できるので、カップは使っていませんでした。


今回、お手玉を始めとしたこの3つの道具を使うため、

参加者のお母様方に固めのカップを探してもらうことにしました。


水羊羹のカップやアイスのフルーツのカップなど、

いろいろ探していただいて、ありがとうございますヽ(*'▽'*)ノ


私も100均やスーパー、ホームセンター、薬局など見て回りました。


画像の左上段のは5年ほど前の100均のじょうごです。

細いところを切りました。

が、年月が過ぎるとじょうごは大きくなってしまいました。

大きいと持てないのでで却下となりました。


でも案外、ゼリーなどのケースが使えますね。


練習したら、ごく自然に

「カップが楽しい♪」と話す生徒さんが2人。

楽しいと前向きになるので、先生にはとても嬉しい言葉です。


男の子はね、

お遊戯チックなのが恥ずかしそう。

でもね、身体の力を抜けるといい音が出るようになるよヽ(´ー`)ノ


参加する皆さん、頑張ろうね。そして楽しんでね。


そして参加を決めてくださったお母様方に感謝。

なんでも参加して上達していこうね(o゚∀゚o)と先生は思います。



2015年

5月

19日

月の光


「となりのおばさん、こんばんは

 きれいなきれいなつきよです~」

この歌詞を小学校の時に習ったときは(変な歌)と思いました。

なんで「隣のおばさん」なのかな~なんてね∑(*゚ェ゚*)

歌詞はさておき、とても有名な曲だったようです。


この、フランス民謡の「つきのひかり」はポジション移動だけで弾ける曲です。

ソロや連弾など初歩の生徒を対象にした楽譜に高い頻度で出てきます。


昨日のギロック定例会で読み解いているピアノメソードにも

やはり「つきのひかり」が出てきました。

こちらは先生との連弾でした。


やっぱりギロック。

ギロックの素敵な和音が組み込まれていて、フランスのおしゃれな世界が現れました。


先生のパートも難しくないので、兄弟、姉妹で連弾もいいな♪と思います。



2015年

5月

14日

合同ソルフェージュレッスン


昨日のバス研で5月末に行う合同ソルフェージュレッスンの詳細を話し合いました。

昨年に引き続き、同じコースを担当するので、私はB担当です。


前回の受講生の様子を思い出しながら、

もっと子供たちに親しみやすく、わかりやすくする方法はないか、

担当者で意見を出し合いました。


また新しいこともやりますよ。楽しみにしていてくださいね。



2015年

5月

11日

読響サロンコンサート


昨日は読売新聞の招待コンサートでした。

名曲が11曲で70分という短いコンサートでした。


オケを聴きに行くつもりでしたが、アンサンブルでした。

内容をきちんと読まないからですね(;゚∀゚)


どの曲も耳になじんだものばかりでした。


それでも新しい発見はあるものです。


「チャルダッシュ」はバイオリンの曲で、

今までに、バイオリンだけでなく、フルートでも聴いたことがありますが、

今回のは弦の「チャルダッシュ」でした。


酒場でお酒を飲みながらコントラバスが話したり、

チェロが話したり、ビオラが出てきたり、

やっぱりけたたましくバイオリンが出てきたりしました。

演奏中、時々、自分を主張して立ったりされるので、

視覚的にも楽しめました。



昨日は母の日だったので、

読売新聞社の粋な計らいで、女性には

カーネーションのプレゼントがありました。

まだ中学生の娘にもプレゼントされましたよ。


素敵な心遣い。嬉しいですね。



2015年

5月

07日

ラ・フォル・ジュルネ金沢2015


今年もやっぱりラ・フォル・ジュルネ。

今年はバロックがテーマでした。


子どもの皆さんにも有名なのはビバルディの「春」ですかね。

この曲は日本人が大好きな曲ですね。

早稲田大学の弦楽で聴きました。すごく素敵でした。


他に私が聴いたのは「ザクセン」という室内アンサンブル。

古楽器の演奏です。

フルートの音がリコーダーみたいな丸い綺麗な音でした。

金属じゃないからかな。


あとは、高校吹奏楽。

今回は地元石川と新幹線つながりか、長野の高校でした。

せっかくだから全国レベルの高校のを聴きたかったな、と本音を言ってみます。

来年に期待します(o'∀')ノ



2015年

4月

14日

ピアノ・オール・ザ・ウェイ! 1A


昨日のギロック定例会ではギロックの教本を見ました。

今年のグレンツェンコンクールの課題曲に入ってますね。

この黄色い一番最初の本から、見ていくことになりました。


アメリカの初歩の本は先生が連弾もしくは音源と合わせるものが多いです。

とても簡単な生徒のパートでも合わせることによって

イメージがつきやすいようにしてあると思います。


このギロックの教本も先生の連弾がついていました。


生徒と先生になって弾きました。


合わせて感動。

素敵な伴奏なのです。

どれもタイトルに合っています。

とても短い曲なのに、おしゃれで素敵な伴奏がついていることによって、

発表会でも使えそうですよ(^○^)



2015年

3月

24日

女王様のメヌエット


昨日はギロック定例会でした。3ヶ月ぶりの出席。


「はじめてのギロック」

どこまで進んだかな~とドキドキして行ってきました。


残っていたのは、後ろの方。

「女王様のメヌエット」を担当しました。

メヌエットなので皆で簡単なステップを踏みました。


「1234」と歩いて「5」でダウンして「6」でアップする、の連続。


これは、子どもでもできますね。


「メヌエット」と付くタイトルの曲が出たら、

一緒に踊ってみよう(^0^)ノと思います。



2015年

3月

18日

あさのバロック


先日のコンサートでの気になったあの曲を調べてみました。

するとFMラジオの「あさのバロック」というものが引っかかってきました。


今の時代は本当に便利になったもので、

もう終了しているナレーション入りの「あさのバロック」の

録音していたものをYouTubeにのせている方がいらっしゃいました。


聴いて納得。

あー、これだわ∑('∀`)


朝の6時から毎日放送されていたみたいです。

朝6時?

私、そんな朝早くにラジオ聴いていたときがあったのかしら?と思ったのですが、

とても長寿番組だったみたいなので、何回か聴いたのかもしれませんね。


2015年

3月

16日

鶴見彩 ピアノコンサート


昨日、竹田楽器で鶴見彩さんという方のコンサートを聴いてきました。


竹田楽器には昨秋、木村メンバーでお邪魔して以来

2度目です。少し遠いのですが、日曜日の午後ということで行ってきました。


金沢出身の方で、4月に金沢でコンサートされるようです。


今回のコンサートはバッハから始まりました。

とてもきれいな音色で、そしていろいろな色があって、感動しました。


このバッハの曲、すごく知っていて、

でも弾いたことはない、楽譜も持ってないと思うのですが、

1日たった今でもハミングできるので、

相当記憶にある、と不思議な気持ちでいます。

なんだろな~


とても素晴らしいテクニックだったので、他のホールでも聴きたいな、と思いました。


で、竹田楽器さんのこと。


今回は震災復興プロジェクトとして、

宮城の山元町のいちご園の支援をしておられました。

お客さんは皆いちごを1パックいただけたのですよ。


ずっと忘れないでいて、自分たちのできることを行う。

素晴らしい竹田楽器の考えに感銘を受けました。


宮城のいちご

とちおとめ


富山県民にとっては

宮城県のいちご、とても貴重、珍しいものを

いただきました。

2015年

3月

08日

拝啓十五の君へ


今日のテレビ欄に「拝啓十五の君へ」とあったので、

アンジェラ・アキさんか「くちびるに歌を」の関係だろうなと思い、

見てみました。


これは、再放送で

「手紙」がNコンの課題曲になった5年ほど前のドキュメンタリーでした。


この五島列島の中学生の合唱から

「くちびるに歌を」が生まれたのでしょう。


やっぱり感動して涙ものでした・゚・(。>Д<。)・゚・

皆で音楽を作るっていいね♪



2015年

3月

03日

くちびるに歌を


最近、音楽系の映画がよく来て、忙しい私です。


昨日、「くちびるに歌を」を観てきました。

アンジェラ・アキの「手紙」を基に描かれたお話です。


観に行って思い出したのですが、

私、合唱を聴くと涙が出るのです。・゚・(。>Д<。)・゚・


おまけに、部員の子の生い立ちや心の中など、

うまく綴ってあって、もっと涙腺に刺激が…


なので、この映画、たくさん泣いてきました。

素敵な映画でした。

やっぱり音楽って最高ヽ(´∀`)ノです。



2015年

2月

25日

ストックホルムでワルツを


昨日、友人が映画に行くと言うので便乗して観に行ってきました。


珍しい北欧もの。

ジャズシンガーのモニカという女性の実話だそうです。


有名な「テイク・ファイブ」がところどころに流れたり、

ビル・エヴァンスとの共演など、

ジャズにあまり詳しくない私ですが、

知っていることがあると興味深く見れました。


北欧も移民が多いイメージですが、

アメリカの人種差別とは違う歴史があるのだと感じました。


そして、夢を持ち続け、

かなうように努力すれば夢はかなうのだとモニカが証明してくれたのを

とても嬉しく思いました。



2015年

2月

23日

アニー


見たい映画が来るときは続くものです。

今日は「アニー」を見てきました。


私はミュージカルがとても好きです。

なので「アニー」も楽しみにしていました。


最初のシーン、

アニーが教室でボディパーカッション。

皆をひとつにしてワクワクしました。


何か楽しいことが起こりそうな予感。


こういう映画は見る人を幸せな気持ちにさせてくれますね。


アニー、とてもかわいらしかったです。

歌も踊りも抜群。

前向きに生きるっていいですね。


後味のよい映画でした。


2015年

2月

17日

マエストロ!


昨日は久しぶりの音楽の映画を観てきました。

平日なのにお客さんが結構いてびっくりしました。


西田敏行演ずる指揮者が一度は解散したオーケストラを

新たに1つにしていく物語でした。


みんなで音楽を創るっていいですね。


自分も奏者の気持ちで見ました。


ピアノを習っている皆さんはまずは連弾ですね。


映画を観ながら

生徒の皆さんや友人たちと手軽にできる連弾をやりたい!と思いました。

一緒にやろうね ♪


2015年

2月

14日

一時停止


昨日は木村勉強会でした。

教えてくださる先生から

よい言葉がけを教えてもらったので忘れないように書いておきます。


「はい、一時停止ね」

「スローモーションでやってみよう」


失敗したときにすぐ手を鍵盤から外してしまう生徒さんに使ってみます。


すぐ外しちゃうから、時間の勝負だわあ。

でも外してしまってからでも「一時停止」でパッと止まっているうちに

鍵盤上で手を置いたまま止まってくれるようになるかも。


そうすると無駄な練習が減ると思います。さあ、トライだ(´・∀・)


2014年

12月

04日

ギロック

富山にギロック協会ができ、

ギロックが好きな私は入会しました。


今度の発表会でも

ギロックやギロックファミリーの曲を弾く生徒さんがいます。

「ガラスのくつ」

「エオリアン・ハープ」

「よちよちペンギン」です。


ギロックは子どもたちに素敵な音色の曲をたくさん作りました。

この楽譜は先生に成りたての頃、買ったもの。

青のコントラストが素敵です。今はもうない出版社。懐かしい楽譜です。


来週月曜日に集まりがあります。初参加なのでドキドキです。

メンバーの皆さん仲良くなれるかなあ~行ってきますヽ(´ー`)ノ

2014年

11月

29日

竹田楽器ツアー


先週、木村メソッド勉強会メンバーで竹田楽器さんに行って

いろいろなピアノを見せてもらい、弾かせてもらうというイベントがありました。


竹田楽器は福野にあり、同じ富山県内なのですが、

とても充実したイベントだったのでツアーと書きました。


竹田楽器の名前は知っていたのですが、初めて訪れました。


いろいろな時代のピアノ(ピアノと呼ばれるよりも前の時代のもの)が

10台以上もあり、本当にびっくりしました。


福野の子供たちは校外学習とかで行けるのかな?

あ、いや、貴重なものだから、

ピアノを習ったことのない子どもたちに見せるのは危険ですね。


でもピアノを習っている子どもたちには、見てもらいたいな~



3階には小さいホールがあり、グランドピアノと

なんとパイプオルガンもありました。


こんな素晴らしいところが福野にあったなんて((o(´∀`)o))


テレビでも放送されたことがあるそうですよ。

納得です。

とっても有意義な一日でした♪



あ、こっそり、自己紹介のページに

演奏している私を載せました(*´ェ`*)

2014年

11月

16日

THE PIANIST


昨日の新聞番組欄に

「辻井伸行×加古隆×レ・フレール THE PIANIST ~作曲家たちの心音」

という番組が画像付きでクローズアップされていて、

おもしろそうだったので見ました。


番組はもう始まっていて

辻井伸行さんの「ラ・カンパネラ」の演奏から見ました。


「作曲家たち」とあって、

確かに、辻井さんも作曲するなあ~と思ったのですが、

最後の方で演奏した彼とレフレールの演奏にはびっくりしました。


彼はクラシックが上手なだけでなく、

こんな即興ぽいことも得意なんだ∑(゚∀゚ノ)ノ


3人ともテクニカルなうえにすごく楽しそう。

すごく楽しい番組でしたヽ(*゚∀゚*)ノ



2014年

11月

11日

子どもの気持ち


「いぬのきもち」の付録のシールをだしました。直径1cmぐらいの小さいシールです。

付録だし小さいし、で2順したら全部なくなる前に片付けようと思っていました。

子どもたちの気持ちは面白いものでシールを貼るときの独り言にも現れます。


意外に子どもたちの注目をひいたのは画像左上の注射マーク。


「ここに(腕)チックンしてきたが」

というかわいい言葉


「注射、注射」と嬉しそうに言うので

「注射好きなが?」と言ってみると固まったり(笑)


「注射したら涙でるよね?」と問うと

「泣かなかったよ。○◌(妹)は泣いたよ。」と

自分はもう注射は大丈夫なんだという

誇らしい顔を見せたりしてくれました。


「お姉ちゃん(お兄ちゃん)なんだから我慢しなさい。」と言われると

(下の子はずるいな)と上の子は思います。


でも「すごいね。さすがお姉ちゃん(お兄ちゃん)だ」と言われると

嬉しいはずです。


ピアノのレッスンでも

それを活用して言葉がけをかけていきます。


2014年

11月

05日

石川音楽堂


先日、音楽堂で行われた子どものコンクールに行ってきました

。音楽堂では何度かプロの演奏は聴いたことがありますが、

子どもの演奏を聴くのは初めてです。


今回は1,2年生のコースに生徒さんが出場したこともあり、

その学年の部を聴きました。

オーバードとはまた違った聴こえ方でした。


いろいろなところでピアノを弾けて、今の子供たちは幸せですね。

これからも生徒の皆さんと一緒に研鑽を積んでいきたいと思います。



2014年

11月

01日

ハッピーハロウィーン

昨日はハロウィーンでしたね。

今や当たり前のイベントのひとつとなった感があります。


今年は勇気を振り絞って((笑))小さい仮装をしてみました。

ズンバで使ったオレンジのかぼちゃを頭に載せ、レッスンです。


元来、恥ずかしがりやで引っ込むのが好きな私です(〃゚д゚〃)

思いきるまでに時間のかかったこと、かかったこと。


生徒さんや同伴のお母様の反応はよかったです。゚(゚^∀^゚)゚。


何がきっかけになるか、わからない。

生徒さんが前向きにお家で練習できるように策を練る私です(。ゝ∀・)ノ

2014年

10月

30日

パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト

昨日、フォルツアで映画を観ました。

久しぶりの音楽映画です。


パガニーニは超絶技巧で有名です。パガニーニを

モチーフにたくさんの作曲家がピアノ曲も作りました。


映画にはたくさんのパガニーニの曲が流れました。

(あ、この曲なんだっけ?)などと楽しめました。


魔笛やイギリス国歌のアレンジも素敵でした。


パガニーニってこんな人だったの?

やっぱり名を馳せる芸術家ってこんなだったかもね。


2014年

10月

26日

♪2014発表会のご案内


12月20日(土曜日) 午前の部

サンフォルテホールにおきまして発表会を行います。


2ヶ月を切り、ようやく始動した感がありますが ^^; 

あと2ヶ月足らず、全力で挑んでいこうと思います。

集中して練習することの大切さを実感し、がんばりましょう。


発表会のリハーサルは12月14日(日曜日) 9時45分から行います。

場所は芸創の大練習室1です。

大きい部屋が取れたので、お子さんの演奏を聴かれたい方はどうぞお入りください。

下に小さいお子さんがいらっしゃる場合は

他の生徒さんの演奏の妨げにならないようにご配慮くださいませ(○^▽^○)

 

2014年

10月

15日

藤原亜津子レッスン見学ツアー


茨城にある藤原先生の自宅で行われるレッスン見学に参加してきました。

遠いので前泊です。


なんでも18回と書いてあったので、すごい歴史を感じます。


レッスン見学は10時から17時まで長時間です。

グループあり個人あり、と先生の生徒さんがメンバーを替えてレッスンに見えます。

その見学です。


先生は全国でセミナーを持たれるので

そのセミナーには何度も行ったことがあるのですが、

今回のようなレッスン見学は初めての参加です。


定員があり、すぐに定員になる人気のツアーです。

本当にいろいろなところから参加してらっしゃいました。

鹿児島を始め九州から、四国も中国地方もたくさんいらっしゃいました。


肝心の内容ですが、

講座とはまた違った、生きたレッスンです。

ぽんぽんと出てくる指導の引き出し。とても勉強になりました。


むろいピアノ教室の生徒の皆さん、

ツアーで得た豊富な知識と

私が買ったちょっとのおみやげ

おすそ分けしますね \(^ ^)/


2014年

10月

06日

カワイこどもコンクール


昨今、子どものためのたくさんのコンクールがあります。

その中で今日はカワイこどもコンクールについて書こうと思います。


今回から内容が変わりました。

こどもコンクールが小6まで参加可能になりました。


この、こどもコンクール。

課題曲があり日本人作曲家のものが大多数を占めます。

とてもユニークだと思います。


私たちは日本人。

外国の方と接する機会があったときに日本の文化紹介は必須です。


その一つとして日本人の作ったピアノ曲を披露できたら、

とても素晴らしいと思うのです。


子どもの曲の中にも日本らしい音階を用いたものもたくさんあります。

西洋の音楽はもちろん素晴らしいけれど日本の音楽も素敵だよ♪

生徒たちにはわけ隔てなくいろいろな音楽に触れて、

好きになっていってほしいなと思います。



2014年

9月

21日

お父さんの誕生日


「今週は他の曲ばかり練習してて…」

「どうしたの?何の曲?」

「実はお父さんの誕生日に「メヌエット」をプレゼントしようと、

 そればかり弾いていました。」


おお゚+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ 

素敵な発想ですね。


お母さんの持って行き方もとても素敵だと思います。

幸せな家庭が目に見えます。


お父さんも感動されるでしょうね。

おめでとうございます。



2014年

9月

15日

水のいのち

 

昨日、生徒のAちゃん母の所属する合唱団コンサートに行ってきました。


高田三郎の特集でした。

高田三郎さんはもうお亡くなりになられていますが、

そのお弟子さんが富山までいらして、お話や指揮をなさいました。


高田三郎本人にまつわる話や詩の内容など

身近な人しか知らないような話を聞けて有意義でした。


「心の四季」も「水のいのち」もまず詩が素晴らしいですよね。

それに彩ったメロディやハーモニー。


特に昨日の「水のいのち」は圧巻でした。

水の生命がどんどん伝わってきて引き込まれました。

歌声に感動しました。



2014年

9月

14日

ドイツ舞曲

 

木村勉強会がありました。

今月は参加者が少なくてさみしかったです。

 

で、私の弾いたもの

シューベルト「ドイツ舞曲」です。

 

この曲はメロディが和音の中にあるのとペダルの表示が難しかったです。

 

ドイツ舞曲っていろんな作曲家が書いていますよね。

ドイツだけでなくお隣りのオーストリアも混ぜたイメージらしいです。

 

ドイツもオーストリアも行ったことないです。

素敵だろうな~行ってみたいです。

曲に対する理解も変わるかもしれません。

 

 

2014年

9月

07日

合同ソルフェージュレッスンを終えて

 

生徒の皆さん、

参加したソルフェージュレッスンはどうでしたか?

 

月末だったのでお休みに入り、

昨日ようやく、参加後の感想を聞き終えました。

 

「1つだけしか出来なかった~」

「全部間違えた~」

「みんな簡単だった」

「楽しかった」などいろいろな感想。

 

参加すると何か必ず得られると思うのです。

通常レッスンをしていて

(そういえば、あそこで習ったな)と思いだすかもしれません。

 

芸創まで連れて行ってくださるご家族の方の協力もあってこそですね。

 

ピアノの上達はこのソルフェージュの土台があって

培われるものだと思います。

 

また次の機会にもたくさん参加してくれたら嬉しいです。

一緒に頑張っていきましょう♪

 

 

2014年

9月

01日

コーチング講座

 

先日、保科陽子先生のコーチング

「ピアノの先生の伝え方トレーニング」に行ってきました。

副題は「上手なコミュニケーション術」です。

 

皆さんは「コーチング」を知っていますか?

 

コーチと聞けば運動の世界ですが、

この「コーチング」とは心の方のコーチです。

音楽業界にはたぶん体育業界から入ってきました。

昔の日本人は本番に弱かったけれど、

今の運動選手はちゃんと実力を発揮できますよね。輝いていますね。

コーチングが取り入れられているのだと思います。

 

そして、こちらの講座。

受講者はピアノの先生たちです。

自分を見つめ、自分がどんなタイプか考えました。

コントローラー、サポーター、プロモーター、アナライザー

の4つに分けて考えました。(各々の意味は英語の意味と同じかな)

 

昔(子供の時)、今の自分、どのタイプか?

そして生徒もどのタイプか考え、

そのタイプによって声掛け、アプローチを変え、

よりよい上達へと導くのです。

 

さて私、子どものときはサポーターで今はアナライザーとしましたが、

皆さんから見た私はどんなでしょう?

主観と他人から見るのとは違うと思うのです。

それにいろいろ混じっているからね(b゚ェ゚o)

なお、自分がどのタイプかは自己申告でした(ノ∀`*)

 

 

2014年

8月

27日

ギロック講座

 

 

先日、安田裕子先生のギロック講座に行ってきました。

日本に住んでおられないので貴重な講座です。

 

ギロックは素敵な響きの曲、

それも子どもたちが弾けるものをたくさん残していて

発表会でもよく演奏されます。

私もギロックが大好きです。

 


今回は、強弱について面白かったので書いておきます。

 

ff 大男が声を出している

f  王様が声を出している

mf 子どもが楽しく遊んでいる

 

pのほうはハーフタッチです。

上の写真のように、消しゴム付き鉛筆で鍵盤を押して確かめてみます。

生徒の皆さんにも試してみようと思います。

 

あ、この鉛筆は先生のおみやげです。

カナダ産、珍しいものをありがとうございますヽ(゚∀゚)ノ

 

連弾あり、バイオリンとのデュオあり、

でとても充実した講座でした。

 

 

2014年

7月

18日

♪ かわいい手品師

 

 

今日は木村勉強会日でした。

 

今日の私はカバレフスキー「かわいい手品師」担当。

単音ですが、わかりにくい。

手がさっといくまでに時間がかかりました。

 

1オクターブをまとめて取るとわかりやすいです。

今日、教えてもらって弾いてみました。なるほど~

 

(どこが、かわいいの?)

(かわいいイメージつかないな~)と思って弾いていたら、

当てられてしまいましたヽ('∀'*)ノ

 

「かわいいというのは、こんな風かな~」

指導の先生が弾いてくださいます。

おお~✨ヽ(≧▽≦)ノ

)さすがです。

最後の音の雰囲気を変えるだけで、かわいらしくなりましたよ。

私のイメージでは、ぱっと鳩が出てくる感じです(o^―^o)

勉強になります。

2014年

7月

09日

2オクターブ積木

 

同業の友人に音の積木の印刷したものをいただきました。

イタリア語(ど、れ、み…)英語(A、B、C…)3オクターブ分

あって、裏にシールもついています。

自分で作ったそうですよ。(≧∇≦)

とっても嬉しいです。心強い友人です。

ありがとうございます。

 

私もいつか自分で作れるようになりたいな。

 


そして、100均で積木を買って完成させました。

 

子どもたち、とても積木が好きです。

 

以前1オクターブのものをやったときも

「今日、積木やらんが?」と楽しみにしている子が何人もいました。

 

今、積木は冬眠中(笑)

秋になったら、積木を復活の予定です(冬眠の逆ですね(゚◇゚;))

 

今度は2オクターブに挑戦!「どれみふぁそらしど」の次は「れ」ですよ♪

2014年

7月

06日

ギャレスマローン

 

 

先日、BSで放送された「ギャレスマローンの職場で歌おう」という番組を

友人がDVDに撮り、貸してくれました。

 

持つべきは友ですね。

私はそのDVDで初めてギャレスマローンという人物を知りました。

 

このギャレス、とても皆を引っ張っていく力があります。

ドキュメンタリー番組ですが、私もすごく引き込まれていきました。

 

まずは信頼関係、次に自信をつけさせることですね。

持っていき方が素晴らしいと思いました。

物事をポジティブに考える。

よいところから他のところも伸ばしていく。

何かを押し付けるのではなく、みんなに考えさせること。

たくさんの指導ポイントを教えてくれた番組に思います。

2014年

7月

04日

♪ 田中正也コンサート

 

 

先日、市民プラザアンサンブルホールであった

田中正也コンサートに行ってきました。

 

田中さんはまだお若い方にお見受けしました。

15歳からモスクワに行き、ずっと住んでいらっしゃるそうです。

 

今回のプログラムでも

プロコフィエフムソルグスキーなど

民族色の濃いものがありました。

 

今回のコンサートはトークもありました。

お話があるコンサート、私はとても好きです。

 

ピアノがカワイのSKだったのですが、

なんとこれは手作りのもので、前回のショパンコンクールで使用されたもの。

番号が66番、という面白いお話もしてくださいました。

 

田中さんのテクニックとピアノの持つ特色で

本当に幅の広い音色で楽しませてもらいました。素敵なコンサートでした。

2014年

6月

29日

おとのかいだん

 

パーティBでは、おとなりの音について勉強します。

 

「ドレミファソラシド」は階段を上がります。

「ドシラソファミレド」は階段を降ります。

 

 

これがCからの模様読みの読譜に繋がります。

 

 


今度の合同ソルフェージュレッスンでは

ピアノの端から端まで音の階段を置いてみたいな~と思います。

 

せっかくのグループレッスンなので

一人ではできないことをやりたいな。

一緒に行う先生に提案しようと思いますヽ(*゚∀゚*)ノ

 

2014年

6月

09日

月刊ピアノ2014 4月号、5月号

月刊ピアノのバックナンバーに「アナと雪の女王」が

載っていると聞き、楽器店でバックナンバーを

取り寄せてもらいました。

 

今、とてもヒットしていますね。


私の教室でも「先生、これ弾けるよ♪」とTちゃんが弾いてくれました。

 

おお、すばらしいヽ(*'▽'*)ノ

この前向きな姿!、先生は大好きです。

 

興味がある曲はどんどん弾いてみるといいですね。

耳コピーだって全然かまわないです。

指が動くようになるよね♪

 

この月刊ピアノ、中学生以上向けでしょうか。

大人向け?

興味がある人は見てみてね。本屋さんでも売っていると思います(( ^∀^ ))

2014年

6月

08日

乱暴な騎士

先日の木村メソッド勉強会での担当は

シューマンの「乱暴な騎士」でした。

 

この曲はカワイのメトードに入っていて、

よく9級のグレードテストに使われます。

なので私としてはイメージが決まってしまっているというか、昔の印象のままの練習となります。

自分が昔弾いた曲というのは、その先入観を外すのが難しいです。

2,3小節目のsfは流れから考えると同じ大きさとは言えないのに、気づかなかったです。

スタッカートの弾き方も勉強になりました。

 

ところでタイトルの「乱暴な~」って、あまり素敵な言葉でないなと思います。

「勇ましい~」「勇敢な~」というタイトルのほうが好きだな~

でもきっと木村先生は日本人の子どもがイメージしやすいように「乱暴な騎士」ってつけられたのでしょうね。

2014年

6月

05日

合同ソルフェージュレッスンのお知らせ

今年もバス研では合同ソルフェージュレッスンを行うことになりました。

 

8月24日(日)午前、午後の部に分けて呉羽の芸創で行います。

 

他の教室の生徒さんと一緒に楽しく音楽を学ぶ

とてもよい機会です。

 

今回はパーティコース卒業のレベルも新しく導入。

難しいことも学べますよ(o'∀'o)

 

私はBコース担当です。

今ちょうどBをやっている人はよろしくね。

もうBは終わったけれど復習したい人。

初めてのお友達ばかりが心配な人なども募集だよ(o^―^)ノ

2014年

5月

30日

ワンチャンス

昨日、オペラ歌手ポール・ポッツの実話に基づく映画「ワンチャンス」を観てきました。

 

いつも自信のないポッツ

それはこれまでの人生で大事なときに限って

失敗してきた経験から成された性格かもしれません。

 

そんなポッツを最愛の奥様が支える。

家族の愛は無償ですし永遠ですよね。

家族の愛の素晴らしさを実感しました。素敵な映画です。

 

そしてこの映画を通して感じたこと。

それは、何か一つでいいから自信を持つことの大事さです。

 

私はピアノ教師です。

生徒さんにピアノを通して自信を持ってもらいたいです。

 

そのために私がすること。

まずは、好きになってもらうことです。

その次は上手になってもらうことです。

上手になってお友達にも認められたら、人生が変わってくるでしょう。

 

引っ込むタイプの子はピアノで自信をつけれたらいいですね。

我が娘も引っ込むタイプなので、そう思います。

 

人の前で弾く機会を積み重ねていって、

学校のオーディションに挙手できるようになったら、

ピアノはあなたに味方してくれるでしょう。

 

私は生徒さんがそんな自信をつけれるようにレッスンに励みたいと思います。

2014年

5月

28日

親力

今日は石黒加須美先生の講座を受けてきました。

 

「見えない学力」をつけることによって学校でおちこぼれにならないですみます。

「見えない学力」とは、

規則正しい生活習慣、思考力、自信、表現力、想像力、集中力などです。

これらはピアノレッスンを通して得られます。

 

親はどうしても勉強、勉強と言ってしまいがちだけれど

生きていく上で大事なものは勉強よりも先に「見えない学力」。

小さい時にいろいろな楽しい経験を通して自ら考え、脳力が発達する。

 

ピアノをやっていれば英会話に行かなくても英語が聞けるようになるよ~

と先生はおっしゃっていました。

耳ですね。実際、私もそう思います。講師仲間にも同じ考えの人がいます。

 

私たちピアノレスナーは大事なお子様たちをいろんな面から伸ばしてあげたいと思います。ピアノの上達はもちろんですが、

人間形成としても大きなウエイトを占めるピアノレッスン。

これからも発達段階を知った上で成長を見守っていきたいと思います。

 

 

 

2014年

5月

26日

桐朋学園大学院大学のコンチェルト公開授業

昨日、ピアノコンチェルトが行われるというので

芸創(芸術創造センター)のリハーサル室に行ってきました。

 

以前からこの無料のコンサートがあるのは知っていましたが今回初めて足を運びました。

リハーサル室にはブルーシートが敷かれて靴のまま入っていいようにしてありました。

 

リハーサル室ですから、ステージの一段高いところがあるわけでなくフラットの状態でした。演奏者と観客がとても近いので身近に感じられました。

 

曲目はベートーヴェンのピアノ協奏曲第3番とシューマンのピアノ協奏曲作品54の2曲。シューマンの曲はとても有名なので知っている人もいると思います。

4人の学生さんが演奏してくださいました。

さすがは桐朋なので、オケもピアノも素晴らしかったです。

瑞々しいピアニストの演奏に好感が持てました。

また機会があれば行きたいです。

2014年

5月

25日

フルートのための日本の名曲小品集

先日の演奏ボランティアで使った楽譜をご紹介。

 

アレンジがとても素敵なものばかり。

 

この中で当日、演奏したものは

♪朧月夜

♪昔話メドレー

♪月の砂漠

♪故郷

 

そういえば私は朧月夜がとても好きでした。

子どものとき、知っていたこの曲が音楽の教科書に出てきたときの嬉しかった記憶が蘇ってきました。

 

フルートの友人が好きなのは、月の砂漠。

これも子供のとき、よく歌いました。

 

この曲に連れて思い出したのは

「あーおい目をしたお人形は~」

「あかいくつ~はいてた女の子~」

日本の曲は哀愁があるというか、もの悲しい曲がたくさんありますね。

とにかく歌が大好きだったので学校の帰り道も(^^ゞ何から何まで知っている曲を歌いながら歩いていました。

 

さてこのアレンジ集の作曲者は山口景子さん。

なんと偶然、富山県出身。

おお(^o^)素晴らしい。なんだかとても嬉しいです。

 

どの曲も好みのアレンジなので

ピアノ版はないかな?連弾はないかな?と思い探してみましたが、ないようです。

山口景子さん、連弾作ってくれないかな~欲しいな~と思う私です。

 


2014年

5月

16日

音名絵合わせ♪ ヒット中

バスティンフォーラムで購入した大阪千里バス研の積木。

 

最近、小さい生徒さんに使っています。

 

アルファベットの順番は「ABC…」

「A」は「ら」

 

 


「ピアノの場所はどこかな?」

 

その3つを取り出して

「さて、合っているかな?裏返してみよう」

 

「みんなパイナップルだ!」

「正解だね!」


   生徒の皆さん、すごい喜び(*^.^*)

 

   「まだ、やりたい♪」

   と言う生徒が続出。

 

   「ママ、うちでも作って♪」

   と言い出す子も(^o^)

 

   それはいいアイデアですね。

   学校行ってるNちゃんなら自分で作れるかもよ(^O^)g

 

   全く同じでなくて大丈夫だから工夫して作ってみたらどうかな。

   音名もしっかり頭に入るし、世界でひとつの自分のグッズになるよ。

   たくさんいいことあるよ♪

   ぜひ、がんばれ~\(^o^)/

 

 

 

2014年

5月

13日

大阪桐蔭高校吹奏楽部

 

 

ラフォルジュルネで聴いた「大阪桐蔭高校吹奏楽部」の演奏が

素晴らしかったことを先日のブログに書きました。

今日は詳細について書こうと思います。

 

入口で皆にDVDが配られました。

定期演奏会のものらしい。

びっくり\(=^O^=)/

素敵なサプライズ。一層テンションが上がりますね。

 

さて席につき、ゆっくりプログラムを見ました。

曲目は

・モルダウ(スメタナ)

・ハーリヤーノシュ(コダーイ)

・エリザベート(リーヴァイ)

・ポルカ「狩りにて」(J.シュトラウスⅡ)

・アイーダ(ヴェルデイ)

と書いてあります。

 

ラフォルジュルネは割と短い時間の演奏が決められているので、

どの曲も抜粋だったりします。

でもその時間を最大限いかしてコンサートを行ってくださいました。

 

2曲目が終わったところで配置換え。

楽器を持ちながら、椅子をたたんだり、場所を変えたり。

ささっと機敏な動き。あっという間です。

 

次はステージの空きスペースを少し広くして、動きのある演奏。

ダンスやバトンもありました。

「アイーダ」では、パイプオルガンのある2階から

トランペット隊がファンファーレのよう。

 

そしてそして、吹奏楽の演奏だけでなく、合唱もありました。

合唱も上手だったこと。

なんでもできる吹奏楽部。

歌も練習しているの?

素晴らしい歌声でした。

 

この感動。

見たい人はいただいたDVDを貸し出しますよ。

こちらもびっくりするくらい盛り上がれます。

感動すること間違いありません。

2014年

5月

08日

バスティン研究会 5月

昨日はバスティン研究会(略してバス研)でした。

メンバーが順に行っているプロモーション。

今回は私の番でした。

 

さて、何をやるか…

皆さん、知識も才能も豊富なので

果たして自分がお知らせできるものがあるだろうか…

困った(汗)

 

考えに考え(??-ω-)

子供用の連弾と音楽の教科書、昔グループを持っていたときのことなどをしました。

 

連弾は友人にプリモをお願いし、前もって練習もしました♪

(先生も日々練習ですよ^^

ありがとう。手伝ってくれたKちゃんに感謝\(=^O^=)/)

 

音楽の教科書は子供のものを取っておいていたのですが、

今回、じっくり見て勉強になりました。

日頃、教科書に触れる機会がないので、他メンバーも興味深く見れたようです。

 

ピアノソルフェージュレッスンに繋がる新たなヒントもありました。

また研鑽していきます。

2014年

5月

06日

ラ・フォル・ジュルネ金沢 2014

今年のテーマは「プラハ・ウィーン・ブタペスト~三都物語」

テーマに沿ってたくさんのコンサートがありました。

 

私の最大イベントは大阪桐蔭高校吹奏楽部でした。

「笑ってこらえて」でクローズアップされていたので

知っている人も多いかな。

高校の吹奏楽はなかなか他県の演奏を聴けないので

楽しみにして行きました。

もう想像を超えた素晴らしい演奏に感動しました。

また後日アップします。

 

 


他にはフルートとピアノ、合唱コンサートを聴きました。

池辺晋一郎さんのピアノを始めて聴きました。

さすが作曲家。とても素敵な演奏でした。

 

ハンガリーやチェコに関連するものは、

民族色が濃い作曲家、曲目が多いです。

 

有名な「モルダウ」は好きな人が多いですよね。

 

今回はコダーイやバルトークなど、あまり知られていないであろう曲もたくさんありました。子供のわらべ歌など、日本に通じるものがあります。かわいらしかったです。


 

 

演奏だけではなく、演出もいろいろ工夫されているものがたくさんありました。

 

自分たちの演奏を楽しむだけではなく、

お客さんのことを考え、視覚でも観客に披露する。

 

私たち観客は目でも耳でも楽しめて、(来てよかった。)と心から思えます。

こういう時代になったのだな、と思います。

 

余談ですが、

かわいいト音記号のグリッシーニが売っていたので買いました♪

2014年

4月

12日

♪ 鍵盤から入る

昨日は木村勉強会でした。

 

どんな調でも動揺せず弾けるようになる、という木村の特徴として

鍵盤から入る、ということがあります。

 

鍵盤から入ることで身体が覚えるのです。

どんなにたくさん調号がついていても決まりは変わりません。

将来、歌の伴奏をするときに「この高さは低くて歌いにくいから、少し高くして~」と言われたら、

すっと高さを変えて弾けるようになると思います。

 

 

昨日はさいころを振って、でた調で基本の和音進行を弾く、ということを行いました。

私の頭はもう固くなっているのでなかなかたいへんですが(汗)、少しずつほぐしていきたいです。

 

また、受講の他先生から音階のおもしろい例え単語話を教えてもらいましたよ。

とても気に入ったので、音階のことをやっている生徒さんに教えたいと思います。

王様と大臣と…あとはその時のお楽しみO(゚▽゚o)(o゚▽゚)o

 

 

 

2014年

4月

07日

♪♯ シニア世代に教える最高のピアノレッスン法

「シニア世代に教える最高のピアノレッスン法」というタイトルの本を読みました。作者は元吉ひろみさんという方です。

 

この本では、シニアを60歳以上と限定していました。

確かに大人と言っても幅がありすぎ、同じ大人の初心者と言ってもいろいろなことが違うので限定したほうがわかりやすいですね。

 

今、教室にはこのシニアの世代にあたる方が1人いらっしゃいます。お仕事を定年退職されてからピアノに挑戦され始めました。

両手で違う指、音を動かすことはもちろん、「エリーゼのために」の有名なところも弾けるようになりました。

 

ピアノは年齢に関係なく、あきらめなければ上達するものです。

自分の身体で自分の音楽を演奏する。最高のことだと思います。

シニア世代には他にもピアノが与えてくれる利点がたくさんありそうです。

 

この本を読んで、他のシニア世代の方ともお会いできたらな、と強く思うようになりました。

敷居も壁も高くないです。

まずは勇気を振り絞って一言かけてもらえたら嬉しいです。


2014年

4月

03日

♪ バックコーラスの歌姫たち

先日、氷見キネマ館で「バックコーラスの歌姫たち」を観ました。

 

スターを影で支えるバックシンガー。

歌うことが本当に大好きなのでしょうね。

ハモったり、リズムに乗ったり、とにかく抜群に上手い。

全身で歌を表現する。

 

有名なスターとのワンシーンもたくさん出てきました。

ドキュメンタリーです。

おもしろかったです。


2014年

4月

02日

 ♪ 楽隊のうさぎ

本日、「楽隊のうさぎ」を観てきました。

 

午後からしか上映されないからか?

お客さんは友人と私の2人だけでした。

 

なんだか遠い遠い昔の中学時代を思い出しました。

 

始めて合奏したとき。

自分の音以外のたくさんの音が同時に鳴って、

一つの音楽を作ることの感動。

 

たくさんの音楽好きの仲間が集まって一緒に演奏することは格別のものがありますね。

 

聴くということももちろん楽しいことですが、

演奏できるということは素晴らしい。

 

かわいらしい中学生たちの演技に心がほっこりしました。


2014年

3月

30日

♪ ホームページ制作完了です。

なんとか大きな柱が出来ました。

あとは細かいところを直すこともありますが、

このような作りで終了!

今は満足しています。 v(^∀^)

 

これからもがんばりますので

よろしくお願いします。





「みんなの広場」

最新情報

♪ 6月30日

 400マス


♪4月21日

消しゴムのピアノ階段

 

 ♪ 2月18日

「みんなの広場」

    写譜

 


 

 

 

 

 

「ブログ」は随時更新

しています♪

 

 

 

 

 

 



リンク