コーチング講座

 

先日、保科陽子先生のコーチング

「ピアノの先生の伝え方トレーニング」に行ってきました。

副題は「上手なコミュニケーション術」です。

 

皆さんは「コーチング」を知っていますか?

 

コーチと聞けば運動の世界ですが、

この「コーチング」とは心の方のコーチです。

音楽業界にはたぶん体育業界から入ってきました。

昔の日本人は本番に弱かったけれど、

今の運動選手はちゃんと実力を発揮できますよね。輝いていますね。

コーチングが取り入れられているのだと思います。

 

そして、こちらの講座。

受講者はピアノの先生たちです。

自分を見つめ、自分がどんなタイプか考えました。

コントローラー、サポーター、プロモーター、アナライザー

の4つに分けて考えました。(各々の意味は英語の意味と同じかな)

 

昔(子供の時)、今の自分、どのタイプか?

そして生徒もどのタイプか考え、

そのタイプによって声掛け、アプローチを変え、

よりよい上達へと導くのです。

 

さて私、子どものときはサポーターで今はアナライザーとしましたが、

皆さんから見た私はどんなでしょう?

主観と他人から見るのとは違うと思うのです。

それにいろいろ混じっているからね(b゚ェ゚o)

なお、自分がどのタイプかは自己申告でした(ノ∀`*)

 

 





「みんなの広場」

最新情報

♪ 6月30日

 400マス


♪4月21日

消しゴムのピアノ階段

 

 ♪ 2月18日

「みんなの広場」

    写譜

 


 

 

 

 

 

「ブログ」は随時更新

しています♪

 

 

 

 

 

 



リンク