ピアノを弾く姿勢

先日の木村勉強会で、ピアノを弾く姿勢の話になりました。足裏、丹田、背中、

おでこを意識します。

 

丹田(たんでん)…

みぞおちのほうかと思っていたのですが、調べてみると3つあり、一般には下丹田を指すようですね。

 

渋い(笑)画像あったので載せておきます(^'^)

 


足の裏を床に全部つける。

大人は意識すれば届きますね。

 

でも身長の低い子どもは届かない場合がほとんどだと思います。

そのため補助ペダル(足台)というものが存在します。

 

レッスンでは補助ペダルを用います。

 

ご家庭では、段ボールや牛乳パックなどで作った

お手製の足台があったらいいなと思います。

お子さんの身長に合わせて作ってもらうといいですね。

 

足裏を意識できたら、次は丹田、背中ですね。

そうして、おでこも意識して、素敵な音を出しましょう。

今までより、きれいな音がでますよ\(^o^)/

 





「みんなの広場」

最新情報

♪ 6月30日

 400マス


♪4月21日

消しゴムのピアノ階段

 

 ♪ 2月18日

「みんなの広場」

    写譜

 


 

 

 

 

 

「ブログ」は随時更新

しています♪

 

 

 

 

 

 



リンク