羊と鋼の森

もうずいぶん日にちが経ちましたが、本屋大賞を取った「羊と鋼の森」です。

 

ピアノ調律師の話で、ピアノを教えている私は読むのを楽しみにしていました。

とても細かく調律師の心が描かれてあって、本屋大賞になるだけはあるなあと思いました。

 

本屋大賞を取った本は興味のない分野でもおもしろいですよね。

世界が広がるというか。

 


たぶん、このブログを読んでくださっている方のほとんどは、音楽に興味のある方だと思うのですが、本屋大賞を取った本は毎年読んでも楽しいなと思う私です。

 

で、ですね、この宮下奈都さんと言う名前を聞いたときにね、(あ、あの人だ!)と思ったんですね。

2冊ほどティーンの歌のお話を書いておられて、1冊は家にありました。もう1冊は見当たらないので図書館で借りたのでしょうね(;・∀・)

 

「鋼の森」は友人から借りて読んだのですが、こちらの「よろこびの歌」は持っているので、読みたい方あったら言ってくださいね。貸し出しますよ\(^o^)/






「みんなの広場」

最新情報

♪ 6月30日

 400マス


♪4月21日

消しゴムのピアノ階段

 

 ♪ 2月18日

「みんなの広場」

    写譜

 


 

 

 

 

 

「ブログ」は随時更新

しています♪

 

 

 

 

 

 



リンク